ペイパルを使ったカード決済支援プログラム ペイメントEX(PEX)

個人のサイトでも、手数料が安い、現金化が早いクレジットカード決済を導入できます!

ペイメントEX(PEX)で作成した購入ボタンを、ホームページやブログに貼り付けます。

購入者はこのボタンをクリックします。

ペイパルの決済画面に遷移します。

一般的なペイパルツールでは、ここで、ログインフォームが表示されてしまいますが、ペイメントEX(PEX)では、まずカード入力画面が表示されます。

この画面で購入者は、カード情報や購入者情報を入力します。

必要事項を入力したら、画面下部にある、”続行”ボタンをクリックします。

ペイパルの確認画面です。

先ほどの入力フォームで入力した情報を確認します。

入力内容が合っていましたら、画面下部にある、”続行”ボタンをクリックします。

ここでは、まだ決済の手続きは完了していません。

独自に用意した確認画面です。

ペイメントEX(PEX)の設定で、この画面を省略することも出来ます。

この画面を省略した場合は、先ほどのペイパルでの確認画面で、”続行”ボタンをクリックすると、この画面をパスして、次の完了画面になります。

尚、この確認画面はテンプレートを利用した画面なので、販売する方が独自にデザインすることもできます。

追加オプションを利用すると、この画面でアックグレード商品を紹介して、選びなおしてもらえる、クロスセル機能を使うこともできます。(即時決済商品の場合のみ)

内容を確認したら、画面下部の、”支払い”ボタンをクリックします。

独自に用意した決済完了画面です。

この画面が表示されたところで、決済が確定します。

決済完了画面は、テンプレートを利用した画面なので、販売する方が独自にデザインすることもできます。

例えば、この画面を工夫して、追加のオファーを行ったり、ワンタイムオファー画面にして、1回だけの特別なオファーにしたり、購入者専用サイトに遷移させたりと、自由に工夫することが出来ます。

ペイメントEX(PEX)では、ペイパルのカード情報を入力する画面や入力内容の確認画面以外は、独自に画面を作ることが出来ます。